10000人言われてたコロナの死者は本当は1071人だった

コロナ、本当の死者は1071人

世間ではコロナの死者が10000人超えたと言われてますが本当の死者は2021/5/6日の時点で1071人だそうです。

政府はなぜ偽りの情報を国民に流すのでしょうか。

毎年インフルエンザで10000人を超える死者が出ますがそれに比べると少ないですよね。

よくインフルエンザよりもコロナは致死率が高いとかと聞いたことがありますが高いのであればもっと死者が出ているはずだと思いますが未だにインフルエンザをはるかに下回る死者の数っておかしく思いませんか。

私は最初からおかしいと思っていました。

勝手な推測ですが…

なにはともあれ詳しく説明された動画ですので皆さんと共有したいと思います。

ではご覧ください。

オヤジブログ記事一覧

コロナの本当の死者数は1071人!? PCR検査陽性は感染ではない 厚生労働省の見解 陽性者 感染者 発症者の違い 重症者1083人 死亡1万人は正確か?
スポンサーリンク
アドセンス広告