原油価格が下がったのにガソリン価格が下がらない理由

コロナウイルスで世界経済が低迷し原油価格は安くなっている

コロナウイルス感染が世界的に広がり、石油消費量が低迷しています。需要が減れば、供給価格が安くなるのは市場原理で当たり前の話です。

原油価格が安くなれば、ガソリン価格も安くなりそうだと思いますよね!?

原油価格ですが、2020年3月以降では、1バレルの60ドルだったのが、30ドルを下回る場面もありました。半額以下に下がった計算になります。

さて、ではガソリン価格はどうなったでしょうか?

半額近くに安くなったでしょうか?

なりませんよね!ほんのちょっと安くなったかな~、くらいの感覚ではないでしょうか?

その理由を説明しようと思います。

ガソリン価格が下がらない理由は簡単です。

ガソリン価格の半分近くを占める税金が下がらないから!

これです。簡単でしょ?!

では次に、ガソリン価格に含まれている税金の内訳を詳しく見てみましょう。

ガソリン価格に含まれる税金の内訳

ガソリン1リットルあたり、税金価格は57.36円です。

その内訳は次のようになっています。

  • ガソリン税 → 53.8円/L
  • 石油石炭税 → 2.8円/L
  • 温暖化対策税 → 0.76円/L

つまり、仮に原油価格0円であったとしても、固定料金である税金が乗っかり57.36円で販売されることになります。

仮に、税込みガソリン価格が1リットルあたり 120円 だったとしましょう。そうすると、内訳はこうなります。

ガソリン価格(税込み) 120円/L の内訳

消費税(10%) 10.9円
ガソリン内税  57.36円
ガソリン原価  約51.7円

税金合計 → 68.26円

1リットル120円で計算すると、税金の方が、ガソリン原価よりも高いことが分かるかと思います。

話を原油価格の戻すと、原油の安さが反映されるのは「ガソリン原価」の部分であり、そのガソリンは中東から輸送して精製して家近くのガソリンスタンドまで運ぶこと考えたら、そんなに安くなるわけがないですよね。

だから、原油価格が下がってもガソリン価格はそこまで安くならないのです。

地球人類の光と闇より

オヤジブログ記事一覧

スポンサーリンク
アドセンス広告