ソーラーパネルは大量の廃棄物を生成し、地球を加熱します

ソーラーパネルは大量の廃棄物を生成し、地球を加熱します

日本でも醜い風力タービン電力とその後、太陽パネルが、風景を破壊しながら、建築が広まっていました。

最初から、環境、廃棄物処理もあまり考慮に入れず、大手製造会社の言いなりに、儲けだけを考慮に入れた無責任な建築が増えていました。

フリーエネルギーが出てきた時には、電気配線など、テスラから見たら滑稽な代物もすぐに消える運命にあります。

ロックフエラー、フエニキアの13の悪魔の家族は、1920年頃からすでに発明されていた電気自動車を始め、多くの新発明を人類から隠していました。

全ては地球を汚染するが、これらイルミナティがただで儲ける原油のためでした。風力タービン、太陽パネルも時代遅れ的な滑稽な代物を新発明であるかのように人類に押し付けました。

全てはこれらグローバリスト企業だけがぼろ儲けし、廃棄物は気にしませんでした。

気候にこだわる人が別の方向に目を向ける時が来ました。もう一度…

ソーラーパネルの廃棄物の問題は今や明らかになりつつあります。

 環境ジャーナリストのエミリー・フォークがRenewable Energy Magazineで認めているように、「再生可能エネルギーについて話すとき、廃棄物のトピックはしばしば現れません」。 

彼女はこれを「気候変動の圧力」とされ、「代替エネルギー源を見つけることが急務」であると主張し、人々は「再生可能エネルギーの起こり得るマイナスの影響」について議論することをためらうと述べた。

フォーク氏は、持続可能性には適切な電子廃棄物管理が必要であることを認めています。

 それでも彼女は嘆く。「太陽は特定の問題を提示する。 壊れたパネルが有毒な汚染物質を放出するという証拠が増えています。[特に]リサイクルが困難なため、これらの材料が使用できなくなったときに何が起こるかについての懸念が高まっています。」

黄色いベストと日本、世界革命

坂本花子

オヤジブログ一覧

スポンサーリンク
アドセンス広告