がん腫瘍を安全に消滅できる薬を医療利権団体が隠蔽か!?

がん腫瘍を安全に消滅できる薬を医療利権団体が隠蔽か!?

現在、世界規模で闇勢力(カバール、ディープステート、イルミナティ)を掃討する大規模作戦が、トランプ大統領+正義のアメリカ軍+Qアノン(高度軍事インテリジェンス部隊)によって実行されています。この作戦はJFK暗殺以降から長い月日をかけて立案され、それが今まさに実行されているタイミングなのです。

人身売買、小児性愛犯罪者(ペドフィリア)、麻薬製造売買、これらの犯罪者を中心に逮捕・監禁・処刑が行われている模様です。

その証拠に、著名人や王室関係者や権力者が死亡したり、大企業CEOが辞任したりする出来事が多発しております。また人々の安全を確保したなかで作戦を実施するために、世界主要各国で非常事態宣言を発令して外出自粛が実施されています。コロナウイルス感染だけでは説明がつかない出来事が世界中で起きているのです。

トリガーは闇勢力が引きました。武漢や世界でコロナウイルスをばら撒いたのは闇勢力です。それを事前に察知していたトランプ大統領+正義のアメリカ軍+Qアノン(高度軍事インテリジェンス部隊)は、この状況を逆に利用して、闇勢力を掃討するという離れ業をやってのけているのです。


これらの動きと並行して、人類にとって有益な知識でありながら、闇勢力(カバール、ディープステート、イルミナティ)の世界支配に都合が悪いという理由で隠蔽されてきた情報の開示が行われている可能性があります。Disclosure(ディスクロージャ:情報開示)です。

その一つが「ガンを安全に根治できる治療法の情報開示」です。

ガン治療の利権は莫大

僕は医療関係者でなければ製薬に関する知識もないので詳しい説明はできませんが、インターネット上で情報を隠蔽しようとしていることについては知ることができます。

人体に無害でありながら、がんや感染症を治療できる物質があるようなのですが、それが

二酸化塩素(chlorinedioxide)

です。価格も安価で安全性も確認されているようです。大手製薬会社などの医療利権団体が一般民衆に知らせず隠蔽したい用語のようです。日本のがん治療では「抗がん剤」を投与するのが常識のようになっていますが、抗がん剤は「猛毒物質」であり、とても高額です。

抗がん剤を投与後、3か月以内に死亡する事例は珍しくなく、むしろ一般的でありますが、それは当たり前のことなのです。抗がん剤は猛毒物質であり、猛毒物質を体内に入れられたら健康な人でも死にます。これは治療ではなく、病院内で合法的に行われている殺人と同じで、人口削減アジェンダとして取り組まれていることなのです。

この事実にみんなが気が付き、医療に対してみんなが疑問を持つことが重要です。今の医療はすべてが「医者=正しい治療を実施」ではないのです。

Eri(QmapJapan)さんの情報によると、

二酸化塩素を2,3日、長くても2,3か月間がん腫瘍に直接注射することにより移転性/再発性に関わらず悪性腫瘍(ガン)がほぼ完治する

凄いです…このツイート、ツイート直後に神隠しにあいました。自分のアカウント内から削除されていた…
というわけで #拡散 お願いします
#二酸化塩素
#二酸化塩素でガンが治る
#医療利権撲滅キャンペーン

とのことです。しかも、二酸化塩素に関することをインターネット上に記載すると、そのスレッドが削除されてしまうそうなのです。つまり隠蔽ですね。巨大製薬医療団体などの圧力によって大規模な情報隠蔽が行われている可能性があります。

次の情報もありました。

二酸化塩素は、次亜塩素酸水よりさらに強力で、人体にもほぼ無害みたいですが、手に入れにくいですね
次亜塩素酸水はかなり一般化して来て、買いやすくなってきましたが、二酸化塩素は、病気を治す効果が強いので販売規制しているのかもしれませんね…
次亜塩素酸水も似た作用あるみたいですが

二酸化塩素は次亜塩素酸ナトリウムよりも強力な殺菌作用を示しますが,閉鎖空間において二酸化塩素ガスを使用することは毒性の面から推奨されません。二酸化塩素の安全性は米国では作業環境基準がありますがわが国では基準がありません。低濃度において長期間曝露した場合の安全性は検証されていません

やっぱそうだよね。二酸化塩素はがんだけじゃなく、全ての病気に効く!(もちろんコロナも)しかも安価で毎日数滴飲めばいいだけ!(詳細は自分で調べてね!)知り合いが病院行かずにそれだけで治ったから確実!私もはじめました。トランプが言ってることは正しい!!

そういや昔、イタリア人医師がガンは真菌だから重曹で治るって発見したな さんざん圧力かけられて消されたっけ(シモンチーニ博士)

ガン治療は医療利権の温床

日本のがん治療で行われていることは、人命を救うことにフォーカスしたものではありません。製薬利権や医療利権など「利益」にフォーカスした治療であることに気付きましょう。

大都市の病院の変わりようを見ても明らかです。まるで高級ホテルであるかのような大病院が増えていますが、いかに病院が利益を出しているかが想像できます。

その利益はどこから来ているのでしょうか?

患者が病院に支払う医療費と、国が7割負担している医療補助からです。これは間接的に国民全員が支払っている医療費ともいえるのです。

ガン治療では、抗がん剤投与、放射線治療、手術が行われますが、医療費はたいへん高額です。さらに入院する必要があるのでその費用も必要です。治療によって縮小したがん腫瘍も、ほとんどは再発+転移します。なぜなら、抗がん剤投与、放射線治療、手術によって体の免疫力がかなり低下するからです。

再発するとまた、抗がん剤投与、放射線治療、手術です。運よく治った(治ったように見えるだけ)としても、この繰り返しです。病院でガン治療を続ける限り、がん治療によって死亡することがほぼ確実です。

だから、日本では毎年50万人弱もの人ががん治療によって亡くなるのです。

毎年50万人弱ですよ!!

また、がん治療は儲かるので、病院側としてはがんを見つけたくて仕方ないようですね。レントゲンでちょっと影が映れば「がんの疑いあり」として精密検査です。いや、腫瘍が確認できれば良性/悪性関係なく「がん」と診断を下す傾向にあります。さらに早期がん発見が重要などとメディアで宣伝してがん発見の機会を狙っています。企業での健康診断義務化など見ると、日本政府も医療利権に加わっているとさえ思えます。

日本の医療費が右肩上がりである事実を見ても、医療利権が莫大であることが分かります。グローバル巨大製薬企業や医療関係企業や病院の影響力は、日本政府を動かせるほどに巨大で強力なのです。

この事実についてみんなが考え、常識を疑い、自ら考え、疑問に思うことが重要なのです。

余命3か月を宣告され、がん治療はせず、残りの人生はやりたいことをやって生活していたら、がんが完治していた!!なんて話は珍しくはありません。普通で当たり前のことです。ポジティブな気持ちで生きていれば免疫力が活性化されガンは治るのです。

「がん = 困難な病」これはメディアによる洗脳であることに気付いて下さい。

  • ドラマを通してがんの恐ろしさを宣伝する
  • ドラマを通してがんは病院で治療するのが常識と思い込まされる
  • 芸能人ががんで死亡するニュースを繰り返し見せられる
  • がんと診断されたらがん治療、その特集を見せられる
  • がんは治療しなけれな治らない病気だと思い込まされる
  • がん治療最前線など病院が最新治療技術を持っていると思いこまされる
  • がんは難しい病気なので抗がん剤も高額であるのが当然だと思い込まされる

いかがでしょうか?心当たりがないでしょうか?メディアによる洗脳はこのようにして行われているのです。

ガンは死ぬ病気でもなければ、不治の病でもないのです。的外れで大変な苦痛を伴う高額ながん治療など受ける必要はないのです。高額な医療費を支払って早死にする必要はないのです。

抗がん剤は、毒ガス「マスタードガス」をもとに作られています。

がんについての常識を疑いましょう。

二酸化塩素による新たながん治療を期待しましょう!

地球人類の光と闇より

オヤジブログ記事一覧

スポンサーリンク
アドセンス広告