ワクチンが免疫、心臓、脳を攻撃するって!

医師は、COVIDワクチンが自己免疫攻撃を引き起こし心臓と脳を攻撃するとしてFDAに警告している

実験的なCOVID-19ワクチンは、心臓血管系に沿って炎症を引き起こし、心臓の攻撃や脳卒中を引き起こす可能性があります。 この深刻な問題は、食品医薬品局(FDA)によってDr.JPatrick WhelanM.D ,, Ph.Dによって提起され、さらに心臓胸部外科医であるDr.Hooman NoorchashmMD.Ph.Dによって確認されました。 2人の医師は、COVID-19ワクチン接種を受けた最近感染した患者は、心臓、脳、肝臓、腎臓の微小血管系に存在するACE-2受容体に沿った自己免疫攻撃に苦しむ可能性が高いと警告しました。 ワクチン接種時にウイルス抗原がレシピエントの組織に存在する場合、ワクチン接種によって増強された免疫応答はそれらの組織に対して免疫系を変化させ、血餅形成につながる可能性のある炎症を引き起こします。 

この重篤な有害事象は、おそらく最近感染しているにもかかわらず、ワクチン接種を受けている高齢者の死亡の原因である可能性があります。 この自己免疫攻撃が起こらないことを保証する切なスクリーニングプロセスはありません。 ワクチンの損傷や死亡に対して脆弱なのは高齢者だけではありません。 ファイザーの実験的COVID-19ワクチンは、ウィスコンシン州出身の28歳の看護師であるサラ・シックルズの突然死の主な原因である可能性があります。 ワクチン有害事象報告システムは、ウィシンシンで5回の永続的な障害、58回のER訪問、わずか1か月で11人の死亡を記録しました。 これは、ウィスコンシン州で44歳未満の人がCOVID-19ワクチンの重篤な副作用と死亡に苦しんでいる最初の症例です。 現在、実験的mRNAワクチンに関連して米国で1,170人以上の死亡が記録されていますが、これはFDACDCが無視し続けている現実です。 

FDAは、COVIDワクチンが内出血や臓器不全を引き起こす可能性があると警告しています 

FDAが実験的なCOVID-19ワクチンで監視している別の問題は、播種性血管内凝固症候群です。 この状態により、全身に血栓が形成され、小さな血管が塞がれます。 一部のワクチンレシピエントは、息切れ、胸痛、下肢痛、または話す問題を報告しますが、これらはすべてこの有害事象の症状です。ワクチンが血中でこの反応を開始すると、凝固因子と血小板がすぐに使い果たされ、内出血につながります。  これは、尿、便、または皮膚の下に現れる可能性があり、臓器不全につながることさえあります。

黄色いベストと日本、世界革命より

オヤジブログ記事一覧

スポンサーリンク
アドセンス広告